home>高齢者・障害者対応のリフォーム>高齢者・障害者対応のリフォーム2

高齢者・家族・介助者を配慮した水まわりリフォーム

高齢者・家族・介助者を配慮したバスルームを考える

高齢者イラスト

バスルームを使用するにあたり不安なこととして考えられるのが「段差で体のバランスが崩れて転倒しないか」「床が滑りやすいので不安」「冬場のお風呂は寒くてつらい」と言う事が上げられるのではないかと思います。こうした不安を解消できる製品もあります。

「段差で体のバランスが崩れて転倒しないか」

高齢者や障害者の方にとって風呂の入り口にある段差や浴槽をまたぐ動作はとてもストレスに感じる不安要素の一部だと思います。実際に家の中で重大事故につながるのもお風呂と言われています。安全に暮らせるようにリフォームをする場合、お風呂をリフォームすることがまず一番最初に考えなければいけないことかもしれません。

入り口の段差に対する不安を解消するには?

バリアフリー対応のシステムバスにするのが1番かと思いますが、工事費用を考えるとなかなか手が出ないかと思います。比較的簡単にできる物として「浴室すのこ」「手すり」を取り付けることが考えられます。

浴室すのこ

浴室すのこ

一般に売られているすのこよりも高さが高く(60~172(69~181)mmの中での調整が可能)滑りにくい構造で、TOTO製ユニットバスの床でも採用されている「カラリ床」になっているので水はけも良くなっています。

結果として浴槽のふちの高さも低くなるので、またぐのが楽になります。しかし、水栓の高さが変わらないので水栓を使用する際、洗面器までの距離が短くなるので現在ご使用の洗面器を使えるかどうかを考慮する必要があります。また、現在ついている排水目皿を掃除するときに、すのこを外す必要があります。

脱衣所側に手すりをつける

入り口の脇(脱衣所側)に手すりがあると浴室に入る際の転倒に対する安心感が得られます。

入口向け手すり 入口向け手すりイラスト

浴槽をまたぐ際の不安を解消するには?

浴槽付近の壁に手すりをつける

浴槽付近の壁に手すりをつける事により浴槽の出入り時に体のバランスがとりやすくなります。

浴室またぎ用手すり 出入り口用手すり

バスシートを使う

バスシート 浴槽の中にバスシートがあると、洗い場の床と浴槽の床の高さをあわせる事ができます。こちらも体のバランスをサポートする事のできる製品です。また、入浴時にいす代わりに使うことができるので、立ち座りも楽になります。

浴槽を取り替える

いたわり浴槽

腰をかける事ができるように、リムが広くなっています。腰をかける事ができるので安心して浴槽に入る事ができます。

いたわり浴槽

PYS1412R#SR2【TOTO】

いったん浴槽の縁などに腰掛けると安定した
姿勢でまたぐことが出来ます。

バスリフトをつける

バスリフト 電気によりシートを昇降させることのできるもので、介助者の負担も軽減されます。充電式のものを使えば電気工事もいりません。また「介護保険レンタルの対象商品」もあります。

※各地方公共団体で異なる場合がありますので、介護保険担当窓口で事前にご確認ください。ただし、この製品はひとりで使用するものではないので、必ず介助者の方が操作してください。また一人で座る事の出来ない方への使用もできません。

 

「床が滑りやすので不安」

床が水でぬれている場所はどうしてもすべりやすくなり注意が必要です。対応として、手すりをつけるのと床材を取り替える二通りが考えられます。

動線の壁に手すりをつける

壁に手すりをつけることにより移動時の不安を減らすことができます。下地を強固に取り付ける必要がありますが、現在ユニットバスの後つけタイプの手すりも販売されています。(一部ユニットバスの材質により取り付ける事の出来ない物もあります。)

床材を取り替える

浴室専用床タイル

床材をすべりにくい物に取り替えることにより安心感を得られます。

浴室専用タイル

グリップフロアB NHシリーズ【TOTO】

※こちらは在来の浴室向きです。

 

「冬場のお風呂は寒くてつらい」

浴室暖房乾燥機を取り付ける

浴室乾燥機 高齢者にとって冬場のお風呂は浴室内の温度と浴槽内のお湯との温度差などによって「ヒートショック」がおき、それによる心筋梗塞や脳梗塞がおきる危険性があります。浴室換気暖房乾燥機があると入浴前に浴室内を温めることができるのでおすすめします。

浴室換気暖房乾燥機(三乾王)

TYB112GR(2室同時換気タイプ)

ヒートショック現象

急激な温度変化により体が受ける影響のことである。リビング・浴室と脱衣所・トイレなど、温度変化の激しいところを移動すると、 体が温度変化にさらされ血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞などにつながるおそれがある。日本の入浴中の急死者数は諸外国に比べて高いとされ、その理由は「お風呂場と浴衣室の温度差」であるとされる。(ウィキペディア引用)

ユニットバスへのリフォーム

あれこれいろいろと準備するよりも思い切って浴室そのものを取り替えたいという方向けに高齢者・障害者対応のユニットバスがあります。

スプリノFシリーズ 
高齢者対応型戸建システムバス

SPRINO(スプリノ)Fタイプ
ベンチカウンタータイプ【TOTO】

問い合わせ先はTEL075-592-6022まで